切手集めの素晴らしさ

エレガントで知的な趣味

古今東西、様々な趣味がありますが、知的でエレガントな趣味と言えばやはり切手集めです。

切手というのは単に郵便物に貼る送料代わりの証紙ではなく、よく見ると実に美しい図柄が描かれているのが分かります。一種の芸術品なのです。
これを収集することは、芸術を趣味にしていることになります。審美眼や教養を養うには芸術が一番です。知的好奇心が高まりますからね。

芸術を趣味にすることの問題として、収納スペースがあります。大きな芸術品をたくさん置くスペースを確保するのは一般家庭では難しいですし、無理に配置・収納するとインテリアとの調和が崩れたり、せっかくの愛好品が傷んだり、気軽に見ることが出来なくなってしまいます。
その点、切手は小さく薄いです。相当数をコレクションしてもアルバム程度のスペースしか場所を取りません。いつでも好きな時に気軽に取り出せますし、日々の生活において負担にならないのです。
やっぱりコレクションは見る時間が十分欲しいですよね。

色々なメリットもある切手収集

切手集めのメリットはそれだけではありません。
趣味というのはその時期の気分によります。10年後・20年後に同じ趣味を愛好しているとは限らないのです。それなりの費用を掛けた趣味に興味を失うのは仕方が無いにしても、単に処分するだけではなく出来るだけ費用の回収を行いtたいものです。

その点でも切手は優れています。
そのまま自身の郵便物に使用出来ますし、買取業者も多いです。
実際に売る際の注意点についてはこちら↓が詳しいです。

参考サイト
切手売る

何気なく集めた一枚の切手が思わぬ高額で売却出来る可能性もあるのです。つまり切手収集は資産を集めているとも言えるのですね。

伝統と格式を誇る切手は多くのコレクターを誇ります。

切手集めの楽しみとして、交換があるのですが、これによって世界中の同好家と交流することも出来ます。
交換サークルも多く存在しています。趣味を通して自然と友人を増やして人脈を築けるのは、切手集めの社交性とグローバル性を裏付けるものですね。