お祝いの使い分け方

大人になると祝儀袋に紙幣を包む機会が増えてきます。
祝儀袋は、結婚など人生で1度きりが望ましいとされる祝い事には結び切り、出産や長寿祝いなど何度あっても喜ばしいとされる祝い事には蝶結びなど、水引のタイプで使い分ける方法が一般的です。
また、高額な場合には豪華なものなど、包む金額によっても使い分ける必要があるため、祝儀袋の種類を把握しておくと安心です。
結婚式の引き出物はいただいたご祝儀とのバランスが難しいので注意が必要です。
最近は非常にバライティに富んだ引き出物があります。