看護助手とは

私たちが病院に行った時、看護師のように見えますが、ちょっとだけ看護師と違う服装をしている人がいるのをご存知でしょうか。
そういう人たちを「看護助手」と呼びます。
看護助手は、簡単にいえば看護師の補助的役割を仕事としています。
そして看護師と看護助手に大きな違いがあるとすれば、看護助手は国家資格を取得しなくても仕事ができることにあります。
といっても人の看護に携わる仕事なので、ある程度、医療に関する知識を勉強しなければなりません。
そのため、民間団体により「メディカルワーカー」という認定資格が行われています。
慢性的な看護師不足が続いている現状を考えた時、看護助手という仕事は社会の中で大きな意味を持つ存在になりつつあるといえます。