副鼻腔炎になり薬で治療中

子どもの頃から鼻づまりが酷くて、学校にもボックスティッシュを持参していました。
毎日のように耳鼻科に行っては鼻を吸いだしてもらいましたし、酷い時には頭痛に悩むほどでした。
大人になるとだいぶ良くなりましたが、常に塞がった感じがあり鼻での呼吸は苦しい時もあります。数年前から副鼻腔炎と診断されて、定期的に鼻腔に溜まった膿を取り除いてもらっています。
鼻づまりだと思ってティッシュでかんでも、何も出ませんのでスッキリできません。
粘着力というか粘り気のある膿なので耳鼻科の機械を使って吸い出すのが効果的です。放っておくと副鼻腔の炎症が酷くなり、手術する場合もあると言われて怖いので溜まったと思えば耳鼻科に行きます。

耳鼻科にいかないまでも、症状が比較的軽いのなら、なたまめ茶を毎朝飲むのが良いです。

なたまめ茶の記事です。
ただし、副鼻腔炎になってしまったらなたまめ茶など飲んでいる場合ではありません。
鼻づまりの症状がひどいならすぐに耳鼻科に行くようにしましょう。
耳鼻科から飲み薬は貰っていますが、症状を抑えるだけで治る訳ではないようですので、長い付き合いになりそうです。鼻づまりだと思って簡単に考えていると、病気の可能性もあるので鼻づまりが改善できないなら早めに耳鼻科に行って症状を見てもらう事は大切ですね。
呼吸が正常にできなくなると脳への負担も増えるそうですので、しっかり処置したいです。