切手コレクターの心構え

切手コレクターの通った道

戦後の一時期には、切手収集は老若男女を問わずたいへんな人気があって、郵政省は花や魚、国立公園や各地の記念物の記念切手シリーズを連発し、また東京五輪、大阪万博などの国家的なイベントをテコにして、切手を売りまくりました。

歴史的に見れば日本の郵便制度の整備・発展と、第二次世界大戦に至るまで、中国大陸・南洋に版図を拡大した国家的な要請から、切手は多くの意味を背負わされて、ある種の国威のシンボルとして活用されてきたのです。

しかし、それが終戦、民主国家の発展と経済成長のなかで、「平和な切手利用」が進みました。

優れた意匠、印刷技術を含めて日本の切手の黄金時代は高度経済成長とともにあったといってもいいでしょう。しかし多くの切手コレクターはその頃の負債を抱えて、曲がり角に立たされています。

切手の価値とはなんでしょう

かつては切手には信用があり、日本国の債務として現金同様に使われた時代もありました。通信販売では郵券〇〇円分同封の上、といった表現で事実上の銀行小切手(郵便局小切手だが)的な役割を担ったこともありました。

宅配業者の発達、私信以外の文書配送などが進むなかで、インターネット革命がロイヤルメイル(英国)やフェデラルメイル(米国)は、Eメールに取って代わられました。

日本郵便も大きくその姿を変えています。いまは切手には額面以上の価値は期待できず、いくばくかの手数料を払って使いやすい額面・形態の切手に交換してもらえるだけです。切手は切手としてしか利用できず、同額のお金に戻すことすら難しいのです。

切手が語れるものとは

海外でも日本でも、よっぽどの珍品切手は別としても、オークションなどで人気があるのは、何らかの歴史的価値のある切手です。

なぜそのときにその切手が発行されたのか、なぜその通信に使用されたのか、なぜ後世にそれが残されたのか、なぜ多くの人がそれに興味を持っているのか。そのような多くのなぜに答えを用意するのが、切手に限らず歴史的な遺物のコレクターの役目ではないでしょうか。

切手には美術的な側面もあり、そのようなアプローチからコレクションをすれば、また多くのなぜに応えることができるかも知れません。
考えて答えを追い求めるのがコレクションの目的であり、切手のコレクションもそういう本来的な意義に戻るのではないでしょうか。

「小さな紙」に大人が夢中になる理由とは?切手コレクションの奥深い魅力に迫る

少額で参加でき、資産に昇華させられる魅力

切手に興味が無いという方は、何故こんなに小さな紙に価値が付くのだろうと疑問に感じるのではないでしょうか。
現行の切手の場合には数円単位から購入でき、それこそ小中学生でもコレクションを始められることが切手コレクションの魅力です。

しかし切手の価値は奥深く、希少な切手となると1枚に数十万円という値が付くこともあります。

即ち、切手は資産として計算できる趣味でもあるのです。

現在は50円の価値しかない切手でも、十数年後には数十倍のプレミアが付いている可能性があります。

例えばコレクター以外の方にも有名な切手に「見返り美人」がありますが、これは150万枚という発行枚数を誇る切手であるものの、切手ブームが落ち着いた現在でも発売当初のおよそ十倍という価値を持ち続けており、今なお高額で取引されています。

切手コレクターは日本国内のみならず世界中に存在しますから、時に投機対象として切手が利用されることすらあります。宝くじを買うような感覚で、将来に付加価値が付くことをじっと待ち続ける…そんな夢を持てる趣味が切手コレクションなのです。

切手は芸術品として愛せる輝きを持っている

切手の種類は実に多種多様です。鳥や自然をモチーフとした切手をはじめ、オリンピックやワールドカップなどの開催記念切手、偉人や有名人の切手シートも販売されており、そのデザインは芸術の域にまで達しています。

絵画を間近で見るような感覚でコレクションできることも、切手収集の魅力の一つと言えるでしょう。

どうしても高額な切手にばかり注目が集まりますが、デザイン性が高く、安価で市場に出回っている切手は少なくありません。

人物が描かれた切手だけを集める、花をモチーフにした切手だけを集めるなどそれぞれがテーマを持った収集ができることは非常に魅力的で、サイズも手頃であるためアルバムに整理しやすいことも特徴的です。

海外旅行のお土産として現地の切手を購入してくるなどの楽しみ方もでき、独自のコレクションを楽しめることが切手収集の醍醐味になっています。